スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に

<ひぐらしのなく頃に あらすじ>
某県鹿骨市にある人口2000人に満たない寂れた寒村である雛見沢村では、6月の決まった日に一人が死んで一人が消えるという奇怪な事件が毎年起こり、「オヤシロさまの祟り」と言われていた。
昭和58年、主人公の少年「前原圭一」が雛見沢村に引っ越してくる。 彼は持ち前の明るい性格で、委員長でゲーム狂の魅音、かぁいいもの好きなレナ、生意気だけど憎めない沙都子、愛らしいが一癖ある梨花らと打ちとけていった。
圭一は雛見沢村での奇怪な事件について知り、事件について調べようとするが仲間たちは事件の存在自体を否定する。
そして「綿流し」と呼ばれる村祭りの日、怪奇な事件が起こる。 この日を境にそれまでの平和な日常は一転し、悪夢のような惨劇が幕を開ける。

【鬼隠し編】

【綿流し編】

【祟殺し編】

【暇潰し編】

【目明し編】

【罪滅し編】

スポンサーサイト
アニメタイトル
おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。